• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • お問い合わせ

新着情報

石州瓦が結ぶ縁 第1回 熊本「鬼師」に受け継がれた伝統

石州瓦は江戸時代から現代まで、島根県と日本各地との間に数多くの縁を結びつづけています。

新着情報の欄で「石州瓦が結ぶ縁」として紹介します。

「藤本鬼瓦」を昭和49年に創業された「鬼師」故・藤本勝巳氏は、石州瓦の産地―島根県石見いわみ地方と“ご縁”ある瓦職人のお一人でした。故人のお父様は島根県浜田市金城かなぎ町、お母様は同県江津市ごうつし都野津つのづ町のご出身!、そして、「江津や浜田など地名を聞くだけで、幼い私にヤマタノオロチ(石見神楽いわみかぐらの話などをよくしてくれた祖父母を思い出します。」と2代目・康祐さんからお聞きしたのです。

石州瓦屋根の棟端を飾る鬼瓦の代表は“恵比須・大黒さん”と“鯱”と言われています。

熊本城再建のシンボル“鯱瓦”の守り人!「藤本鬼瓦」の故・勝巳氏、2代目康祐さん、そして修悟さん・・・石州瓦との“ご縁”が続くことを祈ります。

熊本日日新聞 平成29年9月29日付記事

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン