• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

石州瓦の品質

腐食・変色に強い

屋根の酸性雨被害

耐摩耗試験

■落砂式摩耗試験装置
JIS A5209−1994陶磁器質タイル7.8摩耗試験方法を適用。海岸部など砂などによる摩禾毛や経年劣化によるすり減りを検証するもので、J旧規格で定める砂の落下式摩耗試験
によって摩耗度を測定しました。

試験体の摩耗度は0.01g未満と微量であり、ほとんど重量変化はありませんでした。

(島根県産業技術センター試験)

試験結果

試験体の摩耗度は0.01g未満と微量であり、ほとんど重量変化はありませんでした。

(島根県産業技術センター試験)

超耐候促進試験(紫外線)

超耐候促進試験は、時間の経過によって屋根材表面の色および光沢の変化を測定する試験。1000時間、2000時間でどう変化するかを測定しました。色および光沢の変化が少ないものほど、美しさが長持ちするということになります。

試験結果

色の変化 0.28(2000h) 光沢の変化 保持率99.1%(2000h)

試験結果に異常はなく、石州瓦の美観保持力の強さが証明されています。(平均値)

(ツツナカテクノ(株)試験)

色の変化の測定評価基準

色差の程度の評語 △E*ab
きわめてわずかに異なる(trace) 0〜0.5
わずかに異なる(slight)
0.5〜1.5
感知し得るほどに異なる(noticeable) 1.5〜3.0
著しく異なる(appreciable) 3.0〜6.0
きわめて著しく異なる(much) 6.0〜12.0
別の色系統になる(very much) 12.0以上

耐アルカリ性試験

棟などの瓦屋根工事に必要な副資材にモルタルや南蛮漆喰があります。この中に含まれるアルカリ性の養分や自然界、地域社会の活動から生まれるアルカリ性物質も、屋根を蝕む外敵の−つ。石州瓦は、JISA5209−1994陶磁器質タイル7.13耐薬品性試験方法を適用。

試験結果

試験体は、いずれも異常なしとの結果が得られました。

(島根県産業技術センター試験)

複合塩水噴霧試験

複合塩水噴霧試験は、金属の劣化(サビなどの発生)を検証することを目的とするもので、自動車業界などでは、ボディやネジなどの劣化現象の検証に使用されています。石州瓦業界では、この試験を、瓦表面の変色を検証するために実施しました。密閉された箱の中に置かれた試験体に対して、濃度10%、温度35℃の塩化ナトリウム溶液の塩水を (1)2時間噴霧にさらした後 (2)4時間乾燥させ (3)さらに2時間湿潤した後取り出し (4)水洗いをして箱内にて3〜4時間乾燥させます。この過程を1サイクルとし、これを3サイクル、30サイクル、60サイクル、90サイクルと繰り返し、表面の色変化や重量変化を測定します。

試験結果

試験体の重量変化は90サイクルで3.1%〜7.6%の間に集約され、平均で5.5%。重量変化はわずかなものでした。また、色の変化は見られず、石州瓦は表面の色が変わりにくい品質を持っていることがわかりました。石州瓦の耐食性に優れた品質がお判りいただけたと思います。

(島根県産業技術センター試験)

石州瓦の品質

  • 雨に強い
  • 風に強い
  • 地震に強い
  • 石州瓦の耐久性
  • 寒さに強い
  • 塩害に強い
  • 酸性雨に強い
  • 腐食・変色に強い
  • 破壊に強い
  • 炎に強い
  • 石州瓦で快適
  • 環境に優しい
  • 石州瓦で省エネ
  • 石州瓦の性能に関するQ&A

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン