• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

石州瓦の品質

炎に強い

すでに自明の防火性能

防火性能も屋根の基本性能の一つ。石州瓦は粘土瓦ですから、防火性能はすでに自明のもの。仕様書として記述を必要としません。

2000年の国土交通省告示第1400号不燃材料を定める件の中で、粘土瓦は不燃材に認定されています。また建築工事標準仕様書・同解説 JASS12屋根工事(日本建築学会2004年発行)の中で、「粘土瓦の防火性能は、防火性能の具現が自明のものであり、仕様書として記述を必要としない」と明記されています。

詳しくは建築工事標準仕様書、同解説JASS12屋根工事(2004日本建築学会発行)を参照下さい。

瓦豆知識

防火認定って何?

2000年6月の建築基準法の改定で建築物の耐火・防火に関する基準が変わり、すべての屋根の耐火時間が30分となりました。また外壁と屋根は遮炎性能として、過熱面(火災)以外の面に火災を出すおそれのある損傷を生じないこととなりました。さらに屋根、壁、柱、床などの主要構造物は、耐火構造であることも定められました。また屋根は、建築物の内側あるいは周囲で発生する火災による加熱や比熱に、当該火災が終了するまで耐えることも必要です。

城下町の防火は瓦屋根が決め手

江戸神田佐久間町大火
これをきっかけに、城下町の防災対策の考えが広がった
瓦と土壁で2重の防災対策が施されています

出典元/災害絵図集(社団法人日本損害保険協会)

石州瓦の品質

  • 雨に強い
  • 風に強い
  • 地震に強い
  • 石州瓦の耐久性
  • 寒さに強い
  • 塩害に強い
  • 酸性雨に強い
  • 腐食・変色に強い
  • 破壊に強い
  • 炎に強い
  • 石州瓦で快適
  • 環境に優しい
  • 石州瓦で省エネ
  • 石州瓦の性能に関するQ&A

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン