• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

石州瓦の品質

破壊に強い

屋根が持つべき耐衝撃性能

屋根の基本性能の一つ、耐衝撃性能。この強さを示す基準がJIS規格の曲げ破壊強度。JISでは1500N以上と規定されています。

この1500Nは、人がジャンプして着地した時の荷重値約1500Nを基に決められています。屋根は工事時やアンテナ、ソーラーパネルなどの取り付けで人が上がります。踏み割れない強さを必要とします。

雪国の積雪荷重は半端ではありません。雪の種類にもよりますが、積雪1mの荷重は1m2当たり320〜350kgf。つまり3136〜3430Nに相当します。これは体重60kgの人が5〜6人乗った重さと同じです。

屋根が引き受ける荷重は大きいものであることを認識してください。

石州瓦の破壊強度はJIS規格の約2倍

石州瓦の破壊強度は平均2980Nと、JIS規格の1500Nを大きく上回っています。

また他の屋根材と比べてもごらんのように、すべて上回っていることがわかります。

先ほどの積雪荷重を思い出してください。

積雪1mの荷重は1m2当たり320〜350kgf(3136〜3430N)でしたね。石州瓦1枚の破壊強度は2980N。1m2あたりの敷設枚数は16.16枚。つまり石州瓦1m2の面積の破壊強度は「2980N×16.16枚=48157N」。積雪1m2の荷重に充分耐える強さを持っていることになります。

瓦豆知識

積雪や人が歩いて屋根が割れる?

最近、お客様から雪止め瓦が積雪や人が歩いて踏み割れるという問い合わせが多くなりました。これは屋根材の破壊強度や耐衝撃性の強弱が大きく係わっています。人がジャンプして着地した時の荷重は約1500N。積雪1mの荷重は1m2たり約3136〜3430N。お客様の屋根材の強度はこれに耐えられる材質ですか。石州瓦は瓦1枚で2980N。1m2当たり48157Nの荷重に耐える強さを持っています。

曲げ破壊強度試験

瓦の表面に局部的に大きな荷重をかけて測定します。


※JISA5208−1996粘土かわらの5.3曲げ試験

石州瓦の品質

  • 雨に強い
  • 風に強い
  • 地震に強い
  • 石州瓦の耐久性
  • 寒さに強い
  • 塩害に強い
  • 酸性雨に強い
  • 腐食・変色に強い
  • 破壊に強い
  • 炎に強い
  • 石州瓦で快適
  • 環境に優しい
  • 石州瓦で省エネ
  • 石州瓦の性能に関するQ&A

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン