• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

石州瓦の品質

環境に優しい

環境にやさしいこともこれからのテーマです

最近、環境への配慮が避けて通れない課題となっています。屋根もまた例外ではありません。

リサイクル利用できる屋根材を使用する。これが地球の環境負荷を軽くします。

粘土瓦は、やがて自然に帰る素材。有害なものは含まれていません。

もちろん、アスベストも混入は0。人体にまったく影響はありません。

さらに地球にやさしい住環境造り、快適性と省エネにもつながる屋根を選ぶならやはり粘土瓦、中でも石州瓦がお勧めです。

石州瓦にアスベストが入っていないわけ

それは原料土の構成物質とその組成、そして焼成温度の2つから説明できます。すこし難しいですが、命に関わることですので紹介します。

まず構成物質

石州瓦の原料は「層状ケイ素酸塩鉱物」の「カオリン鉱物」を主要粘土としており、他方アスベストは繊維状ケイ素酸塩鉱物の総称であり、結晶構造がカオリンの鉱物と大きく異なっています。つまり、カオリン鉱物を主成分とする石州瓦の粘土に、アスベストが含有されている可能性はほとんどありません。

決め手は焼成温度

もし、万が−アスベストが混入していたとしても、石州瓦の1200℃以上という焼成温度が、アスベストを他の物質に変えてしまいます。つまり1200℃以上の高温で焼き締められる石州瓦では、アスベストの存在はありえないのです。

瓦豆知識

何に使われている?

アスベストは、皆様の日常のあちこちで使われています。例えば、建材だけでも、波型スレート板、石綿フェルト材、サイディングの一部、フレキシブル板、Pタイル、石綿化粧セメント材(新生屋根材)いろいろあります。何故使われるのか?それは強度と耐熱性を持たせるためが殆どです。

瓦豆知識

土壌の環境基準と鉛について

土壌の環境基準では鉛の基準値は0.01mg/ℓ以下と厳しいものです。石州瓦が使用する釉薬の鉛の溶出量は、環境基準を大幅に下回る0.005mg/ℓ末満。まず安心、環境にやさしいものと言えます。

■土壌環境基準

鉛の基準値は
0.01mg/ℓ以下であること
石州瓦の釉薬からの鈷の溶出量
0.005mg/ℓ末満

(島根県環境保健公社試験)

石州瓦の品質

  • 雨に強い
  • 風に強い
  • 地震に強い
  • 石州瓦の耐久性
  • 寒さに強い
  • 塩害に強い
  • 酸性雨に強い
  • 腐食・変色に強い
  • 破壊に強い
  • 炎に強い
  • 石州瓦で快適
  • 環境に優しい
  • 石州瓦で省エネ
  • 石州瓦の性能に関するQ&A

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン